【自分とまったく違う思考を持つ人】

昨日ウトウトしていると、妻が、「さっきOCHI企画を取材したいって、〇〇(雑誌)から電話がかかってきたけど、断っといたから。インタビュアーが〇〇さん(俳優)で、あんまり面白くなさそうだったから」と言ってきた。

(ええぇー、当事者に相談なしかー、ふつう相談してから答えるもんじゃないのかなー😂まぁいいけど)

今日は今日で、父の命日にお寺さんに送るお供物の相談をしたら、「大分の『ざびえる』とか面白いよね! キリストから仏教への挑戦みたいで!」

「あ、『阿闍梨餅』もいいよね! 一見仏教系だけど、比叡山の阿闍梨からきてるから、天台宗から真言宗への隠れた挑戦みたいで面白くない?」と、目を輝かせて言ってくる😧

(おい、おい、目的はお供えであって挑戦ではないんだけど……😅

※ちなみに我が家は真言宗^^

彼女は何をするにも、「面白い」「楽しい」が最優先だ。というより、それを自然とやる。

一方、私は、まじめに正直に、が最初にくる。

よく夫婦間の問題点で、「価値観が違うから離婚しました」という話を聞くけど、最近は思考や価値観が違うから楽しいと感じるようになった。

とはいえ、私たち夫婦がこういう関係になったのはここ10年くらいのこと。

以前は私が典型的な価値観押し付け型夫だったため、言い争いが絶えなかった。

しかし、ある時彼女が病気であることが発覚、以来、夫婦関係の見直しを図り、少しずつ関係改善を行って今に至る。

色々あったけど、小さな驚きと笑いがあって、お互い学ぶことが多い日々を送っている(と思っているのは私だけかも😅)。

関連記事

  1. 日本と米国でミリオンセラーを打ち立てた、たったひとりの編集長の出版ゼミ…

  2. 「我」の塊だった青年社長が、話し方を変えて成功した話

  3. ミリオンセラー作家が手帳を持たなかった理由

  4. 僕が我が家のヒーローになる瞬間

  5. 45歳でがんを宣告され、人生が激変した女性のお話

  6. OCHI企画、1年目黒字でした。皆さんありがとうございます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。