「エンタメな嘘」のススメ

今回は、福山雅治さんのお話です。

ある時期からデビュー当時の曲の思い出話など、昔の話をよく聞かれるようになった福山さん。

キャリアを重ねれば重ねるほど、そうした機会が増えていくわけですが、当然ご本人はあまり覚えてない。

そうすると「どこか違っちゃっているんじゃないか」「話を盛っちゃってるんじゃないか」……つまり「ウソをついているんじゃないか」ということに囚われはじめたそうです。

そこで、それをタモリさんにご相談された。

すると、タモリさんから、

「つまらない真実より、面白い嘘のほうがいい」

という言葉が返ってきたそうです。

以来福山さんは、エンターテイナーとして数%の本当があれば、それは人を楽しませるための「エンタメな嘘」と割り切れるようになったとのこと。

さて、最近は「正義中毒」という言葉に代表されるように「自分の正しい」を人に押し付けて、攻撃的な言葉で人を叩く人が少なくありません。

もちろん本当のことを言ったり、正しいことをすることは、とても大切なのですが、それに囚われすぎて他人を執拗に攻撃したり、自分で自分の枠を狭めちゃうのもどうかなと思うのです。

時には「正しい」よりも「楽しい」を優先する。

そのために「エンタメな嘘」をつくことがあってもいい。

そんなゆとりをお互い持ちたいものですね。

ちなみに、私は社会人になりたてのころ、仕事はダメダメでしたが、人にはモテました^^

さて、どこまでが本当で、どこが嘘なのか……
それは読者の皆様のご想像にお任せします^^

それでは、みなさん、今日も1日お疲れ様でした&ありがとうございました!

関連記事

  1. 編集した本が11刷累計12万部超え! 感謝です^ ^

  2. ダメダメ営業マンだった私が、累計発行部数1000万部超のベストセラー編…

  3. 45歳でがんを宣告され、人生が激変した女性のお話

  4. 「我」の塊だった青年社長が、話し方を変えて成功した話

  5. 日本と米国でミリオンセラーを打ち立てた、たったひとりの編集長の出版ゼミ…

  6. 鼻にチューブをつっこんでみましたw

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。